グリーンホームだより

学びワークライフバランス研修会に参加しました。

平成30年11月6日、三重県老人福祉施設協会主催のワークライフバランス研修会に4名で参加しました。
2025年に向けて高齢者人口の急増に伴い、介護サービス需要の増加が見込まれる中、国では、その持続的・安定的な提供体制の構築に向けた検討が行われています。
一方、我が国の人口動態を見ると、既に減少に転じている生産年齢人口は、2025年以降さらに減少が加速すると見られており、全産業的に人材確保がより一層困難となってくることが予測されています。
そのように社会構造や労働に対する考え方が大きく変化している中、長時間労働の是正やワークライフバランス(仕事と家庭(介護や病気の治療も含みます)の調和)の実現に向けた施策が推進されており、個々の多様な働き方への対応に加え、生産性向上・業務効率化・業務の近代化等をいかに進めていくかが課題となっており、平成30年7月6日に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」においては、一定日数の年次有給休暇の確実な取得や時間外労働の上限規制の導入、産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)等が盛り込まれ、より働きやすい環境の整備が急務となっています。
そのような状況の中、私たちは、サービスの量的・質的向上と施設・事業所で勤務する職員のワークライフバランスの双方について取り組んでいくことが求められており、働きやすい職場づくりを組織的に行うことによって、人材確保や離職防止を図っていく必要があります。
今回、働き方改革の本質や他事業所の取組好事例を学んで参りました。先日、三重県より、「働きやすい介護職場取組宣言事業所」の証明をいただきましたが、本日学んだことをさらに働きやすい職場づくりに活かしていきたいと思います。
(~私たちは、地域に信頼されるべき存在であり続けます~ 鈴鹿グリーンホーム 施設長)

この記事に対して・・・

ええな~!
19 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー