グリーンホームだより

活動音声入力ソフトVoice funの導入事例を紹介されました。

居宅介護支援事業所では平成30年8月よりすべてのケアマネが使用するPC端末に音声入力ソフトVoice fun(ボイスファン)を導入しております。Voice funはマイクを通じ音声にて文章をパソコンに入力できるすぐれもので、支援経過や会議録等の記録作業・書類作成にて時間短縮や負担軽減等の効果を発揮しております。

先日このグリーンホームだよりでもご紹介しましたが、そのVoice funの発売元であるNDソフトウエア株式会社より、当事業所での活用の様子や導入後の効果などについて自社のホームページで取り上げたいとのご依頼をいただき、このたびご紹介いただくこととなりました。(掲載記事は下記のリンクからご覧ください。写真はインタビューを受けた11月のものです)

現在当法人では施設全体で、現在使用しているシステムやNDソフトウエア株式会社「ほのぼの」シリーズも含めた数社の業務支援ソフトについて、更新も視野に入れ定期的に勉強する機会を設けております。介護ロボットやセンサー技術による福祉機器と同じように、業務支援ソフトも日々進化しているようです。Voice funもそうですが、今後も新しいシステムについて学び、効果が期待できるものについては積極的に導入を図り、更にそれを有効活用して業務の質の向上や効率化・省力化につなげられるよう取り組みたいと思います。
(居宅介護支援事業所 管理者)

この記事に対して・・・

ええな~!
43 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー