経営理念・理事長挨拶

経営理念

私たちは、地域に信頼されるべき
存在であり続けます

居室

理事長挨拶

理事長  中村 敏

昨年度は、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大により、その影響が非常に大きく、当初から予定が「転」ぶスタートとなりました。
社会が大きな時代の一大「転」機、「転」換期を迎えていることを体感した1年でありました。
この1月には、当ショートステイ、デイサービスセンターのそれぞれの事業所において、ご利用者に新型コロナウイルス感染事例が発生いたしました。皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたし申し訳ありませんでした。
新型コロナウイルスについては、感染症防止対策の基本中の基本である「持ち込まない」ことへの難しさを痛感いたしました。職員の検査結果は全員陰性でありましたが、新型コロナウイルスは意志を持っているかの如く、その隙や守りの弱いところにつけ込み侵入してきます。
特にデイサービスセンターにおいては従来のケア単位でのサービスから、小規模単位に「転」換を図る等、新たな運営モデルの実施に向けて、現状の中において取り得る対策をすべて実施し、現在も日々改善に取り組んでいるところです。 また、一年を通してコロナ禍の中においてもできることをと、考え方を前向きに「転」じて行動してまいりました。
その過程では、これまでの成功例や経験則について逆「転」の発想で考えたり、計画を二「転」「転」、試行と修正の七「転」八起と、時代に責任を「転」嫁することなく取り組みを重ねてまいりました。
「転」ばぬ先の杖として、以前より導入していたICT、介護ロボット、機器などのテクノロジーをフル活用して対応いたしました。
さらに積極的な情報公開やオンラインを活用した研修受講、資格取得、会議出席、面会、採用面接、見学など、効果的かつ効率的に取り組めたこともあり、前年度よりも前進したことも多くありました。
令和3年度は心機一「転」、新規ショートステイ事業所の開設、質に重点を置いたケアや新たな介護予防のあり方等についても取り組み、地域の皆様に鈴鹿グリーンホームがあってよかったと言っていただけるように、さらに速度を上げて取り組んでまいります。

令和3年4月1日

社会福祉法人 鈴鹿福祉会
理事長 中村 敏

令和になって初の天皇誕生日(2月23日)に際して、今上陛下より、優良民間社会福祉事業施設として御下賜金を拝領いたしました

御下賜金拝領写真

末松鈴鹿市長への報告時の写真です(令和2年3月10日)
左から、施設長、理事長、末松鈴鹿市長様、常務理事

ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー