経営理念・理事長挨拶

経営理念

私たちは、地域に信頼されるべき
存在であり続けます

居室

理事長挨拶

理事長  中村 敏

当ホームページをご覧くださり、誠にありがとうございます。
昨年度は、国内・外から多くのみなさまにアクセスをいただき、目標としておりました10万ページビューを達成することができました。重ねて御礼申し上げます。

これまでの3年間は、『中期経営計画2016.4-2018.3』及び各年度事業計画に基づき、

○従来型特養・ショートステイの全室個室ユニット化によるユニットケアの提供
○介護ロボット・機器やタブレットを用いた介護・看護記録システムの導入と活用
○根拠に基づいたケアの実践と評価
○研究大会等における実践事例の報告
○みえ福祉サービス第三者評価の受審とその結果の公表
○専門性の高い人材の育成、人づくり
○防災・防犯体制の充実
○地域貢献活動の充実
○組織風土改革

など、ケアの質や組織体制の向上を目指し、日々努力してまいりました。
また、今年度は、新たに『中期経営計画2018.4-2021.3』を策定し、ビジョンを『KAIGO【介護】の質の見える化を目指して』と定め、専門的な知識や技術を活かした介護・福祉サービスをみなさまに、より”見えるかたち”になるように進めてまいりたいと考えています。(中期経営計画につきましては、当ホームページ「情報公開」からご覧ください。

本日より、介護報酬が改定され、サービス全体で0.54%とわずかに引き上げが行われました。
国は介護保険制度の持続可能性の観点から、社会保障費の自然増加分として毎年5,000億円を堅持するとの方針があります。目標の一つとして、地域包括ケアシステムの深化を掲げており、私たち介護保険サービス事業者はご高齢者が可能な限り自宅での生活を継続することができるように、医療・介護サービスを切れ目なく提供することができる体制づくりが求められています。 本年1月には、ショートステイ及びデイサービスセンターの新築棟が完成し、鈴鹿グリーンホームが目指す未来型の”自立支援KAIGO”の実現に向けて、次の一歩を踏み出したところです。
私たちは、地域のみなさまとともに歩み、築き上げてきたものがたくさんありますが、それに満足することなく、日々チャレンジを行い、経営理念である”信頼されるべき法人であり続ける”ことができるよう、スタッフ一同、さらに一層の努力を重ねてまいります。

平成30年4月1日
社会福祉法人 鈴鹿福祉会
理事長  中村 敏

ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー