グリーンホームだより

学び鈴鹿市高齢者等在宅生活支援事業の説明会に参加いたしました。

令和元年6月7日(金)、鈴鹿市役所にて開催された鈴鹿市高齢者等在宅生活支援事業説明会に参加いたしました。

鈴鹿市では私の高齢者福祉施策の一環として、さまざまな在宅生活支援事業を行っております。そのうち本日は「緊急通報システム事業」と「徘徊探索支援サービス事業」の2つについて、担当課である鈴鹿市健康福祉部長寿社会課とメーカーの担当者の方から直接事業内容の詳細について説明を聞かせていただきました。
「緊急通報システム事業」は65歳以上の一人暮らし、または65歳以上の方のみの世帯を対象に一定の条件を満たす方に対し、緊急時に速やかに関係者へ連絡が取れる緊急通報システムの導入を補助するものです。
また「徘徊探索新サービス事業」は、認知症による徘徊の症状がみられる方に対し、GPS機能をもった端末を活用し、必要に応じ位置情報を提供するサービスを利用する際の導入費を補助するものです。

いずれも生活でお困りの方にとっては必要なサービスで、これらの事業を活用することで安心安全に生活されている方もたくさんいらっしゃいます。また鈴鹿市ではこれら以外にも様々な在宅生活支援事業がございます。
私たち地域で活動するケアマネジャーも、介護保険でのサービスだけではなく、このような市独自の高齢者に対する生活支援事業を正しく理解する必要があると考えております。本日お聞かせいただいた内容等を踏まえ、今後も必要に応じ適切にご利用者様へ情報提供できるよう努めてまいります。
(居宅介護支援事業所 管理者)

この記事に対して・・・

ええな~!
43 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー