グリーンホームだより

学び全国老人福祉施設大会に参加しました④

2日目は、第3分科会を受講し最先端介護と人間性~これからの介護の姿を描く~を聴講しました。
経済産業省によりますと、日本は世界一の長寿国でありますが、高齢化率においても世界で最も高い水準にあり2050年には65歳以上人口比率は40%近くになる見込みです。平均寿命は世界一ですが、平均寿命と健康寿命の差が10年あるので今後はその差を縮めていき、さらに健康寿命を引きのばすことが求められています。そのために医療機器や福祉用具の産業が重要になってきます。
高齢化率がさらに高くなっていく日本では、介護人材不足が深刻化しており、有効求人倍率はすべての県で2倍(鈴鹿市では4倍超)に増えております。当施設では、いち早くロボット介護機器やICTを導入し科学的介護の実現、生産性の向上に取り組んでおります。業務負担やストレスによる離職を防ぎ、全てのデータを統合、管理、分析し、より良いケアに反映してまいります。
(医務係 主査)

この記事に対して・・・

ええな~!
26 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー