グリーンホームだより

学び三重老施協21世紀委員会勉強会に参加しています

私と生活相談員の2名で参加しました。
今回のテーマは、各委員の施設・事業所で使用している介護ソフト、ロボット・機器についてです。
勉強会では、各委員より資料をもとに報告を受けるとともに、当ホームからはインカムと見守り支援システムについて報告しました。各機器ともにメリット、デメリットはあるものの、メリットの方が大きいという内容で、ご入居者、こ利用者にもスタッフにとっても負担が少なくなるように、そしてそうして作られた時間や得られたデータを有意義に使っていく方法はなど、意見交換や質疑応答も活発に行われ、先進的な議論の往復で、非常に実りの多い時間となりました。
やはりメリットについては、1つの効果に着目せずに複数の効果、幅広い視点で捉えていくことが大切で、職員に対しては、動機やねらっている効果等も含めた説明と現場での活用・工夫を進め、メーカーに改善要望をしていくことがよいのではないかと思います。
多くの方からの意見によって、介護現場が求める機器につながっていくといいなと思います。
(「私たちは、地域に信頼されるべき存在であり続けます」“We will continue to be trusted by the community” 鈴鹿グリーンホーム 施設長)

この記事に対して・・・

ええな~!
28 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー