グリーンホームだより

ショ排せつ予測デバイスDFreeを使ってみました。

排せつ予測デバイスDFreeとは、膀胱内の尿のたまり具合をリアルタイムで計測し、排尿のタイミングを知らせてくれる機械です。
私の夜間の状態を計測してみました。どうやら私は50%くらいから尿意が感じられ、60%でトイレに行っているようです。
このデータをもとに介護者は適切な時間にトイレへ案内することができたり、おむつ交換をすることができます。
これからの現場はこういった介護機器を活用しサービスの質の向上を図っていかなければならないと思っています。
(ショートステイ ユニットリーダー)

この記事に対して・・・

ええな~!
39 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー