グリーンホームだより

特養特別養護老人ホームについて(その18)

全53項目の最後、第4セクションの3項目について、当ホームでの運用状況を説明したいと思います。

(51)ユニットミーティングは1回/月以上開催している。
※業務改善会議(ユニットリーダー会議)開催後に各ユニット又は協力ユニットにおいて開催しています。会議録については最終、理事長まで報告することとしています。
(52)リーダー会議は1回/月以上開催している。
※当ホームでは名称を「業務改善会議」としています。ユニットリーダー、生活相談員、看護職員、介護支援専門員、管理栄養士、施設長が出席して毎月開催しています。時期的には月例会と幹部会議の間に開催しており、会議録については最終、理事長まで報告することにしています。
(53)ユニット費を活用している。
※当ホームでは毎年度初めに各ユニット80千円を計上しています。規程を作成した上で、各ユニットのしつらえやイベント、運営計画に位置付けた項目など、各ユニットで必要な費用に充てて、会計処理は雑費として取り扱っています。支出する前に施設長に簡易な伺書を提出して承認を得て、会計担当者が事務処理することとしており、各ユニットで活用しやすいように手続の簡便性に配慮しています。

(「私たちは、地域に信頼されるべき存在であり続けます」“We will continue to be trusted by the community” 特別養護老人ホーム 施設長)

この記事に対して・・・

ええな~!
17 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー