グリーンホームだより

学びアーリーアダプター…

アーリーアダプター(Early Adopters)は、訳すと「初期に採用する人々」。自ら情報収集を行って判断し、新しいものを初期に受け入れていく層をいいます。
当ホームでのアーリーアダプター的活動は、介護ロボット、IoT(モノのインターネット、モノとモノとがインターネットにより繋がる)、オンラインでの会議・面会・面接といった具合になります。
テクノロジーの進化や技術革新が著しく、便利なものが日々作られていく一方で、その情報が多すぎて自分から積極的に取得しないと手元まで届きにくくなっています。
情報技術(IT)は、自身の興味のある情報が自動的に選択されて届くことも多く、新しい便利なモノを取り入れていくためには欠かせない技術の一つです。

(「私たちは、地域に信頼されるべき存在であり続けます」“We will continue to be trusted by the community” 特別養護老人ホーム 施設長)

この記事に対して・・・

ええな~!
28 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー