グリーンホームだより

デイフレイル予防プログラムデイリーアクション事業のご案内

【フレイルとは】
フレイルとは、健康な状態と要介護状態の中間の段階を指します。
年齢を重ねていくと、心身や社会性などの面でダメージを受けたときに回復できる力が低下し、これによって健康に過ごせていた状態から、生活を送るために支援を受けなければならない要介護状態に変化していきます。
いつまでも元気に活動し、家族や友人、地域の人たちとつながり、社会参加しながら毎日を送る――。そんな高齢期を過ごすには「フレイル(虚弱)」の予防・対策がカギとなります。
(出典:厚生労働省ホームページ)

ーフレイル予防プログラムデイリーアクション事業ー
【目的】
地域(鈴鹿第1圏域)の要介護認定を受けていない65歳以上の方を中心とするサロンに通う地域住民の意識向上を図り、日常的、継続的にフレイル予防に取り組むことができるようプログラムを実施するものです。
【実施内容】
➀身体機能の見える化:実施前後の身体機能のデータを収集し、実測による効果を見える化して、参加者に助言等を行います。
➁介護予防教室の実施:地域のサロンにおいてフレイル予防に資する教室を行います。
➂自宅での取組の支援:自宅でできるフレイル予防に効果的なトレーニング等の取組を支援します。

身体機能データの項目の一部はウェアラブル端末で簡単に測定できます。地域のサロン活動の一環として、ぜひプログラムにご参加ください。


(「私たちは、地域に信頼されるべき存在であり続けます」“We will continue to be trusted by the community” 特別養護老人ホーム 施設長(管理栄養士・介護支援専門員))

この記事に対して・・・

ええな~!
29 人が「ええな〜!」
と言っています。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについてワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
スタッフ募集!!スタッフ募集!!
ページ先頭へ

Copyright © 2017 社会福祉法人 鈴鹿福祉会
鈴鹿グリーンホーム All rights reserved

プライバシーポリシー